ボナベンチュラの本革ノブレッサレザーとシュリンクレザーの違いとは

【PR】当ブログはメーカー様に提携申請し承認されたのち商品を厳選してご紹介しております。

ボナベンチュラのバッグやお財布、
アップルウォッチバンドなどには
上質な本革が使用されています。

種類は
「ノブレッサレザー」
「シュリンクレザー」
のふたつあります。
この違いとはなんでしょうか。
チェックしてみました。

一見似てるけど違うのよね。手触りも。どっちも美しいけれど。

ボナベンチュラ「ノブレッサレザー」と「シュリンクレザー」の違いとは

ノブレッサレザー

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

簡単に言うと、
ノブレッサレザーは「人工的な型押し加工」。
シュリンクレザーは「自然な縮み加工」。
革表面のニュアンスが
違います。

BONAVENTURAのノブレッサレザーとは

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

ノブレッサレザーは、
熱と圧力でプレスして
仕上げる型押しレザーです。

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

シュリンクレザーより
きめ細かく模様が均一で
なめらかな表面でサラッとした質感。

たとえば
こちらがノブレッサレザーの
大人気ミアトート。

ミア トートバッグ (25 スモール ノブレッサ)

¥176,000(税込)

ミア トートバッグ (25 スモール ノブレッサ)

キメが均一でなめらかですね。

ミア トートバッグ (25 スモール ノブレッサ)

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

BONAVENTURAのノブレッサレザーは
1864年創業のドイツの有名老舗タンナー(なめし職人)
「ペリンガー社」の皮革を使用しています。

ぺリンガー社は高品質で環境に配慮したタンナー。
世界のトップブランドから高く評価されています。

模様は均一で
発色そのままの鮮やかさが特長です。

また、ノブレッサレザーには、
トーンが違う2色を使用して

BONAVENTURAならではの
立体的なカラーを実現。

全体をまず明るい色で染め、
表面に濃い色をのせて濃淡をつけることで

ノブレッサレザーの型押し模様をより
美しく見ます。

BONAVENTURAのノブレッサレザーは
軽くて丈夫。

レザーの製造工程でペリンガー社と
共同開発した「ナノガラスコーティング(撥水加工)」
により水や汗に強いレザーに。

人体に無害で革の質感を損なわない
ガラスコーティングでシミが付きにくく
アルコール除菌も可能です。

BONAVENTURAのバッグといえば
まず「シュリンクレザー」、
の印象が強いですね。

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

ノブレッサレザーの人工的な型押しに対し、

なめし段階の仕上げで
革を自然にシュリンク(収縮)加工
したのがシュリンクレザー。

ふたつとして同じものがない
美しいシボが特長です。

BONAVENTURAのシュリンクレザーは
ドイツの有名老舗タンナー(なめし職人)
製品ごとに
「ペリンガー社」または
「ワインハイマー社」
皮革を使用しています。

ミア トートバッグ (BB ミニ シュリンク)

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

カーフの柔らかさに加え、
シュリンク加工ならではの
高い耐久性を誇ります。

ちょっとした傷ならふっくら復元して
長く美しさをキープ。

ペリンガー社シュリンクレザーの撥水加工

レザー製造工程でナノガラスコーティングを施し、
レザー自体が水分を弾くため汚れやシミが付きにくいのが
特長で美しさが長持ちします。

ワインハイマー社シュリンクレザーの撥水加工

ワインハイマー社の
シュリンクレザーは

エルメスではバーキンなどに
使用されていて、
「トゴ」と呼ばれています。

BONAVENTURAのバッグが
エルメスと同じ革!と
話題になるのは

同じタンナー(鞣し職人)の
会社だからなのですね。

シュリンクレザーは
使い始めはサラッとした手触りですが

時間経過により深い艶感のあるしっとりとした
柔らかい手触りへ変化します。

エイジングが楽しめる本革です。

同じタンナーの同じ
シュリンクレザーで
シンプルなデザイン。
イタリアの熟練職人さんが
丁寧に仕上げるのですから、
上品で使い心地がよく高品質。

けれどエルメスの10分の1のお値段で
購入できますから、

BONAVENTURAが芸能人を中心に
人気が出てきているのも
うなずけます。

ワインハイマー社の最高品質「オデッサレザー」

クレオ トートバッグ シュリンクレザー

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

ワインハイマー社のシュリンクレザーの
中でも最高品質と評価されるのが
「オデッサレザー」。

オデッサレザーは
クローム鞣しのシュリンク加工で
シュリンクのシボがきめ細かく均一なことが
特長です。
また、
「Easy Care」加工により、
表面に水分や汚れが付着しにくく、
汚れてもふき取るなどお手入れも簡単です。

最高級オデッサレザー使用「クレオトートバッグ」新発売

クレオ トートバッグ シュリンクレザー

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

老舗タンナー「ワインハイマー社」の
シュリンクレザーの中でも最高品質とされる
この「オデッサレザー」を使用した
大容量トートバッグ
「クレオトートバッグ」が
BONAVENTURAから2023年秋新登場。
A4ファイルはもちろん、
13インチPCがそのまますっぽり入る
クッション付きポケットがあって、

クレオ トートバッグ シュリンクレザー

ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

仕事に旅行に大活躍。

大容量なのにオフィスコーデも
休日コーデもエレガントに
スタイリングできます。

A4が入る!ボナベンチュラの働くミディアムミアトートバッグ 

まとめ

ボナベンチュラの「ノブレッサレザー」と
「シュリンクレザー」の違いは、
なめし工程にあります。

◆ノブレッサレザー
人工的な型押し加工により、
きめ細かくなめらかな表面に。

◆シュリンクレザー
なめし工程の仕上げの
自然なシュリンク(縮み)加工により
美しく個性的なシボが表面に。

濃淡で染めた立体的な色を楽しむなら
ノブレッサレザー。

エイジングを楽しむなら
シュリンクレザー。

という感じですね。

バッグ・財布などすべての製品をみてみる>>>
ミラノ発のラグジュアリーレザーブランド【BONAVENTURA】

 

タイトルとURLをコピーしました